注文住宅の一戸建て新築を建てる工務店を紹介。全国の地域に密着した信頼の【注文住宅のかっこいい工務店】は、福岡・熊本・鹿児島・宮城・山形・栃木・埼玉・東京・静岡・愛知!各地で開催される見学会やイベントに参加して相性の良い工務店を見つけよう!

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

  • HOME »
  • »
  • ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

注文住宅 かっこいい工務店 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(ゼッチ=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、1年間の消費エネルギーより住宅でつくったエネルギーのほうが多い、または差がゼロになる住宅のことです。

基本的な考え方は、「省エネによって消費するエネルギー量を減らすこと」、 「消費したエネルギーと同等のエネルギーを作り出すこと」 この2つに重点をおき成り立っています。

しかしこれまで、そういった住宅を一括でゼロ・エネルギー住宅と呼んできたため、人によって認識がさまざまであいまいなゼロ・エネルギーが存在しました。

そのため経済産業省では、有識者や関係業界からなるZEHロードマップ検討委員会を設立。ZEH普及に向け明確な定義を定めました。

ZEHとは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支が正味ゼロ、またはマイナスの住宅。」

※一次エネルギーとは
石油・天然ガスなどの化石燃料や水力、太陽エネルギーなど、自然界に存在するものから得られるエネルギーのこと。一次エネルギーを加工して得られる電気などは二次エネルギーと呼ばれる。

具体的には、パッシブ型の設計を取り入れ、住宅建物自体の断熱性能を高め、高効率な設備を採用し、太陽光発電など創エネ設備を備えること。

ZEH基準の詳細は、下記経済産業省のホームページで確認できる。
http://www.meti.go.jp/press/2015/12/20151217003/20151217003-1.pdf

スマートハウスと違うのは、ZEH(ゼッチ=ゼロ・エネルギー・ハウス)は、先述のように1年間の消費エネルギーが、創エネルギーによって賄える住宅を指します。それだけ創エネルギー量が大きく、また省エネ性が高いといえます。

建てる住宅が要件を満たせば、これまでもZEH補助金は実施されZEH補助金が受けられましたが、来年度の事業では、ZEHの普及に向けた供給計画などを策定し、ZEH普及に積極的な事業者の建てるZEHに絞られる予定です。

現行のネット・ゼロ・エネルギー・ハウス建築主に交付される補助金は下記、一般社団法人環境共創イニシアチブのホームページで確認できます。(現在募集なし)

一般社団法人環境共創イニシアチブホームページ

国は、2020年までに省エネ基準をすべての新築住宅に義務づける方針を掲げ、また同じく2020年には新築戸建住宅の過半数をゼロエネルギー住宅とし、2030年には新築戸建住宅の平均でゼロエネルギー住宅を目指す計画です。

ネット・ゼロ・エネルギー住宅が当たり前になる時代がもうすぐそこまで来ており、今後、住宅を取得する場合は念頭に入れておくと良いでしょう。

PAGETOP
Copyright © office KEI All Rights Reserved.